FC2ブログ
あなたの愛車 お任せ下さい!

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

先日、当社の整備士が整備主任者講習を受講してきました。
その時頂いた資料の中に、エンジンオイルの劣化による車両火災が多いとの事でした。

エンジンオイルは潤滑の役目や冷却させる役目等があります。
走行中、エンジン内部は常に高温になっておりますので、オイルが劣化することによって
不溶な劣化物質を発生させ、オイルの循環を悪くさせてしまいます。
そのためにエンジンの焼き付き、最悪の場合、火災の発生へとつながるおそれがあります。

当社では数種類のエンジンオイルをご用意しております。
今乗られているお車に最適なオイルをご提案させて頂いておりますので、ぜひご相談下さい。

スポンサーサイト



| ニュース | 11時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |